代表的なオイル

イランイラン アロマオイル(エッセンシャルオイル)


イランイランは熱帯の樹木に咲く花から抽出される、甘美でオリエンタルな香りのアロマオイル(エッセンシャルオイル)です。

イランイランは香水に広く使われていて、催淫効果があることでもよく知られています。インドネシアでは新婚カップルのベッドにイランイランの花びらを散らす風習があるそうです。

イランイランは、マレー語の「花々のなかの花」という語源に由来し、香水の木として有名で、古くから整髪料として使用されています。

数種類の花がありますが、黄色の花から最初に抽出したオイルが、品質的にも香りの面からも最も優れているといわれています。


  • イランイラン 効能
    鎮静、緩和、高揚、ホルモン調整
  • イランイラン ココロへの作用
    興奮した状態を沈めてリラックスさせてくれます。怒りや不安、ショックを感じたときに使うと、ココロがときほぐされます。
  • イランイラン カラダへの作用
    ホルモンのバランスを整え、生殖器に働きかけるといわれています。早い心拍を鎮めたり、高血圧を下げるのにも効果的とか・・・
  • イランイラン 肌への作用
    脂性肌、乾燥肌ともに使用でき、皮脂分泌のバランスを良くするといわれています。頭皮に働きかけ、髪の成長を促す力も・・・。
>>もっと詳細を見る


ラベンダー(アロマオイル エッセンシャルオイル)

ラベンダーはアロマテラピーでも、使用頻度が非常に高いアロマオイル(エッセンシャルオイル)です。そんな人気のあるラベンダーの秘密はフローラルな香りだけでなく、用途の幅広さや子供にも安心して使用できる穏やかさにある。
ラベンダーは洗うという意味のラテン語「ラワーレ」が語源です。
ラベンダーは古代ローマ人が傷口の洗浄や沐浴で愛用したとか、治療薬として使用したとか、香水や防虫用として使用したなど、古くから活用されたアロマオイル(エッセンシャルオイル)です。
ラベンダーには多くの種類があります。
スパイクラベンダー、ラバンジン、フレンチラベンダーなどがあり、効果や香りが違ってくるので、購入するときは学名を確認する必要があると思います。

  • ラベンダーオイルの効能
    鎮静、鎮痙、消炎、鎮痛、皮膚の再生、抗菌、防虫、生体リズムの調整
  • ラベンダーオイル 心への作用
    精神を浄化して、リラックスさせる力。不眠や時差ぼけの改善にも。
  • ラベンダーオイル カラダへの作用
    頭痛や肩こり、便秘、高血圧、筋肉痛などを改善してくれる。
  • ラベンダーオイル 肌への作用
    消炎、抗菌作用に加え、細胞の成長の促進し、皮脂の分泌バランスを調整する働きがあるといわれています。軽度の火傷や日焼け、水虫の改善、スキンケア、ヘアケアに役立つことも・・・
>>もっと詳細を見る