アロマイオイル:カモミール、歴史が証明する治癒力

ローマンカモミールは、全草から熟れたりんごのような香りを出します。そのため、大地のりんごを意味するギリシャ語にちなんでこの名前がつけられたといわれています。

カモミールの治癒力は、4千年以上も前から高く評価され、古代エジプト時代には、神聖な花として太陽の神にささげられたといいます。また古いヨーロッパの本草学の書物にもその名が必ず登場し、ビクトリア朝時代のイギリスでは、カモミールはラベンダーと同じような、ヒステリーをしずめる役割を果たしていたようです。

カモミールの花は、もう何世紀にもわたって、衣類や寝具の香りつけ、ノミなどの虫除け、空気の清浄などに利用されていました。また女性の髪のつやをよくするために、髪を洗ったあとにカモミールの花を浮かべた水をリンス代わりに使ったともいわれています。