アロマオイル:カモミールについて

カモミールは「大地のりんご」という由来の意味です。「大地のりんご」の名の由来どおり、ほのかに甘いりんごの香りを漂わせる可憐なカモミールの花は、はるか昔からさまざまな病気の薬として利用されてきました。

アロマテラピーに使われるカモミールには、2種類のカモミールがあります。1つは高貴なカモミールと呼ばれるローマンカモミールで、この種類から摂れるアロマオイルは、透明から淡いブルーまで様々な色をしています。そしてもうひとつのジャーマンカモミールは、緑色に近いダークブルーの濃度の高いオイルが抽出されます。それぞれ違った効能をもちますが、一般的にカモミールと好まれているのは、その甘い香りが好まれるローマンカモミールのようです。