アロマオイル:ローズマリー、手作りデオドラントで除菌を

汗をかくこと自体は不快なことではありませんが、皮膚に存在する細菌が汗を分解し、乳酸を作り出すと、汗は嫌なにおいに変化します。そうしたにおいを消すためにデオドラント製品が数多く販売されています。その中には、アルミニウムをベースとしたものもありますが、わきの下の敏感な部分に炎症を起こしたり、肌の弱い人にはさまざまなアレルギー反応を引き起こすこともあります。しかし、ローズマリーのにおい消しにはそうした心配はありません。もちろん敏感肌の人にも安心して使うことができるといわれています。

【材料】


  • ローズマリーの生葉 75g(または乾燥したローズマリーの葉30g)

  • ラベンダーの生花 75g(または乾燥したラベンダーの花30g)

  • 水(一度沸騰させて冷ましたもの)250ml

  • 熱したりんご酢 250ml

金属製のスプーンを入れたビンの中にローズマリーの葉とラベンダーの花を入れて、酢と水を混ぜたものをたっぷりといれます。スプーンは、液体の熱でガラスが割れないようにするため。数分間よくかき混ぜ、ふたをして一晩置きます。翌日、無漂白のコーヒーフィルターでこして保存用のガラス瓶に入れます。必要に応じてコットンに含ませて、消臭したい部分に軽くたたくようにして使います。密閉ビンに入れ、冷蔵庫で保存すれば、数ヶ月保存が可能になります。また、アトマイザーに入れて、デオドラントスプレーとして使う方法もあります。