アロマオイル:ローズマリーの特徴は

アロマオイル:ローズマリーの効能

ローズマリーは独特な芳香が料理に利用されていることはよく知られています。ローズマリーはアロマオイルとしても医学的、心理学的にとても多くのプラス効果があるといわれています。

ローズマリーは地中海沿岸に自生する常緑低木ですが、現在では観賞用のほか料理用・医療用・料理用・香料等世界のありとあらゆるところで栽培されています。南フランスはプロバンス奥地の丘陵地帯では、現在も野生種の広大な密生地をみることができます。そのほかスペイン・ハンガリー・ギリシャ・チュニジア・アルジェリア・モロッコ・などもローズマリーの原産地として知られています。

ローズマリーのアロマオイルは花の先端部から水蒸気蒸留法で抽出されます。アロマテラピーではローズマリーのマンネロウという品種が最も多く利用されています。無色から淡黄色まであるアロマオイルの香りは原産地によってことなるそうです。フランス産のローズマリーのアロマオイルはしょうのう臭が強く、コルシカ島のものはおだやかな香りといわれています。またチュニジアのローズマリーのアロマオイルはさわやかでコショウのような刺激臭があるそうです。