アロマオイル:ラベンダー 先人にも重宝された効能

ラベンダー
ラベンダーは人類の歴史が始まって以来、人間のさまざまな疾病や不調に良いとされてきました。古代ギリシャの時代からすでにのどの痛みや便秘、咳の治療に重宝されていたといわれています。

ローマ時代の人々は殺菌用として、公衆浴場の浴槽にラベンダーの花を入れていたといわれています。中世ヨーロッパではハーブの専門家たちがアタマジラミの予防にラベンダー水の使用をすすめていたといわれています。さらに、昔から虫除けとして、芳香剤を兼ねて、ラベンダーの小さな花束を洗濯場においたり、枕の中に入れるなどして役立ててきたといわれています。

そんな昔から重宝されてきたラベンダーですが、家庭でもラベンダーは栽培できます。一般にラベンダーは涼しい気候に適した植物ですが、水はけがよく日当たりが良い場所であれば栽培することは可能です。

ラベンダーの栽培はそれほど難しくなく、肥料も特に必要ないとされています。美しく咲いたラベンダーの紫色の花を眺めるだけでもすがすがしい気持ちになれますが、ハーブとして利用したい時は開花後すぐに摘み取ることがいいかと思います。