アロマテラピーは「病気未満」の強い味方

アロマテラピー」の「アロマ]はアロマオイル(エッセンシャルオイル)のもつ良い“香り”を、「テラピー」は”治療”を意味していて、「芳香療法」と訳されています。

アロマオイル(エッセンシャルオイル)をマッサージや入浴に利用するなど、アロマテラピーは、家庭でも手軽に楽しめます。もちろん、アロマオイル(エッセンシャルオイル)を使った本格的な治療には、医師やアロマテラピストといった専門家の指導が必要ですが、心身の疲れをいやしたり病気の予防に役立てるくらいであれば、誰でも簡単に実践できるのがアロマテラピーです。

 

アロマテラピーには、美容や健康、感情のコントロールや病気の予防など、心身の健康維持に役立つさまざまな効用があるだけでなく、家庭で手軽に楽しめるのも大きな魅力です。忙しい毎日を送る人にとっては、身近な癒しの手段と言えるでしょう。アロママッサージや入浴、アロマポットで香りを部屋に漂わせるなど、様々なことに利用されるアロマオイル(エッセンシャルオイル)は気分をリラックスさせたり、自信を回復させてくれたりします。