アロマテラピーとは?

アロマオイルアロマテラピーとは、従来の医療を補うものとして、最近人気が高くなっており、世界中に急速に広がりつつある芳香療法のことです。アロマオイルの香りによるリラックス効果から、植物の持つ成分を生かした本裕的な治療行為まで幅広く活用されており、多くの研究者や医療の専門家たちも、高い治癒力を秘めたアロマオイルのナチュラルな療法に注目し始めています。


アロマテラピーには、自然の恵みを受けて育った色々な植物から抽出されるアロマオイル(エッセンシャルオイル)が用いられます。そのアロマオイルの香りはフローラル(花の香)なものからウッデイ(本の香)なもの、薬品のような刺激臭をもつものまで多種多様で、私たちの生活の中でも想像以上に幅広く利用されています。薬剤はもちろん、香水や化粧品、一部の食品や飲料にも使われています。