アロマオイルのチカラ
アロマオイルの基礎知識を理解してココロとカラダを癒しましょう!

アロマオイル エッセンシャルオイル 効能アロマオイル(エッセンシャルオイル)はさまざまな植物から抽出されます。アロマオイル(エッセンシャルオイル)はそれぞれの植物が持つ強い香りや成分を含む高濃度エッセンスです。
そのためアロマオイル(エッセンシャルオイル)を安全に、効果的にアロマテラピーに活かすには、きちんとした知識が必要です。
アロマテラピーを楽しむために、まずはアロマオイル(エッセンシャルオイル)の基本的な知識をしっかり理解しましょう!



アロマテラピーに関するニュース
BroadBank、熱対流回転式灯台型アロマランプ「Evul香ヶ岬灯台」を発表 朝日新聞 就寝前やリラックスタイム等、あらゆるシチュエーションで静かにアロマテラピーを楽しむことができます。 「Evul香ヶ岬灯台」では、カラーフィルターを閃光レンズ内側 ...
「生活の木」ハーブギャラリー ハーブ&アロマテラピーショップ・スクール ...
アロマテラピーアドバイザーとは・・・精油、その他アロマクラフトに ... アロマテラピーの 効用に関する知識を備え、安全性や法律面から. 正しく社会に伝えることができる能力を 認定する資格です。 プロとして販売に携わったり、一般の方に安全なアロマテラピーを ...
食の秋!暴飲暴食を防ぐ香り [アロマテラピー] All About
暑さから解放される秋!もっとも食欲が旺盛になるシーズンです。適度に美味しく食べ たいけど、ついつい…。そんなときに役立ててもらえる香りの種類と使い方をご提案し ます。
もう迷わない!あなたにぴったりの「アロマ」選びテク(美レンジャー ...
秋の夜長はアロマを炊いて、癒されながら読書をしたりヨガをしたり……。そんな素敵な 女子タイムを過ごしている方も多いと思います。もはやアロマは癒しの代名詞。しかし、“ アロマを嗅ぐと気分がよくなる理由”や“...

アロマオイルの効能ガイド

アロマオイル(エッセンシャルオイル)は植物のどの部分から

アロマオイル(エッセンシャルオイル)は植物の種類により、花びら、葉、根、つぼみ、小枝、地下茎、木質部、樹皮、果実、種子と、さまざまな部分から抽出されます。
 もっとも一般的な採取方法である水蒸気蒸留法は、次の手順で行なわれます。
 密封容器に入れた原料を蒸気で熱すると、気化した芳香成分を含んだ水蒸気が発生します。その水蒸気を、冷水によって常に冷やされている冷却管を通すことで液化します。そこで溜まった液体の一番上に形成される層が、アロマオイル(エッセンシャルオイル)(原液)です。その下層の液体は「フローラルウォーター」と呼ばれ、化粧水などに用いられます。


アロマオイル(エッセンシャルオイル)は必ず希釈して使う!

 アロマテラピーに用いるアロマオイル(エッセンシャルオイル)は、植物から抽出された、効用の高い自然のエッセンスです。濃縮度が非常に高いので、肌の安全のため、必ずキャリアオイルで希釈して使用しましょう。薄めた方がオイルは扱いやすくなります。
 アロマオイル(エッセンシャルオイル)はオイルといっても実際に油っぽい感触はありません。希釈済みのアロマオイル(エッセンシャルオイル)は、肌をなめらかにマッサージできる上、吸収されやすく安全です。原液のまま肌に用いてよいのは、特別なレシピがあるときだけです。
 アロマオイル(エッセンシャルオイル)の効用を安全に楽しむには、ホホバオイルなどのキャリアオイルで、アロマオイル(エッセンシャルオイル)の原液を1.5パーセント以下に薄めます。 10mlのキャリアオイルに対し、アロマオイル(エッセンシャルオイル)3滴が目安です。
 キャリアオイルを利用しない場合も、アロマオイル(エッセンシャルオイル)は油分とアルコール分には溶けるので、アルコール、ローションなどで薄めて使うのが原則となります。


アロマテラピーについての記事紹介

今まで知らなかったアロマテラピー の新事実が見つかるといいですね。

アロマテラピーは身体に対する一種の化学反応になります。イギリス系のアロマテラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。又、補助療法や代替療法として用いる事が大前提。心も身体も癒されリフレッシュできるでしょう。日本語では、「芳香療法」と訳されている香りを使用した治療法。アロマテラピーに使用されるエッセンシャルオイルは植物から取られるものが多いためその種類は何万種類に及ぶとも言われています。

医療従事者により、医師の適切な処方によって行われるのが理想。Aromatherapyという言葉は、フランスのガットによって作られたギリシア語からの造語。日々の癒しだけでなく病気の治療にも効果があることが分かっているのでかなり奥が深いことが分かります。フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されている。目に見える効果ではないのでこの療法が確立されたのは最近のことになります。

古くから香りと私たちの心には密接な関係があることが分かっているのでアロマテラピーが確立されていったのでしょう。芳香浴、マッサージ、湿布、アロマバス、内服等の使用方法がある。日本に伝わったアロマテラピーの方法はイギリス系に近いもの。精油(エッセンシャルオイル)を構成する芳香成分(芳香分子)の持つ薬理作用を利用し、心身の疾病の予防や治療を行う。医療的なアロマテラピーは、精油を使用したものに限定される。

日本においても源氏物語の時代から臭いをモチーフにした独特の世界があった事がわかっています。特に呼吸器系の病気にはかなりの効果があることが確認されているので興味のある方は一度試してみるとよいでしょう。香りを鼻から吸い込むことで呼吸器に働きかけ、またマッサージなどで毛穴から精油を取り込むことで身体全体にその効果をまんえんさせることが出来るのです。現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあります。しかしアロマテラピーのルーツはとても古く紀元前2000年頃にはこれに似た療法があったことも分かっています。


最終更新:2013年02月05日